牛タンの基礎知識を見る

意外と知らない牛タンの部位!4種それぞれの美味しい食べ方を紹介

意外と知らない牛タンの部位!4種それぞれの美味しい食べ方を紹介
  • 牛タンの部位が4つもあるなんて知らなかった…
  • 牛タン焼きにしたらマズい部位とかあるのかな?
  • 通販の牛タン選びに失敗したくないから、部位ごとの特徴と美味しい食べ方を知りたい!

こんな人に向けて書きました。

 

これを見れば、4種類ある牛タン部位の特徴と美味しい食べ方がわかり、満足度たかめな食事を楽しめますよ!

 

  • 牛タン部位は「タン元・タン中・タン先・タン下」の計4種
  • タン元(根本):格別においしい。牛タン焼き向け
  • タン中(中心):定番部位。牛タン焼き向け
  • タン先(先端):固いけど旨みが深い。タンシチュー向け
  • タン下(裏側):固いけど旨みが深い。ハンバーグ向け

 

なお、この記事は牛タン専門店の情報をもとに作成しています。牛タンのプロの意見をわかりやすく要約したので、参考にする価値は高いかなと。

 

あなたが牛タン選びに失敗したくないなら、ぜひご覧ください(`・ω・´)ゞ

牛タンの4つの部位

牛タンの4つの部位

 

結論をいうと、牛タンの部位は次の4種類です!

 

 

それぞれの部位の特徴について、1種類ずつわかりやすく説明しますね。

(1) タン元:根本

(1) タン元:根本

「タン元」は牛タンの根元にあたる部位です。牛一頭から取れる量がきわめて少なく、希少部位として扱われています。

 

タン元は牛タンの中で最も脂が乗っており、食感はプリッとやわらかく、ジューシーな味わいをしています。

 

脂の乗りがよくてやわらかい理由は、根本ゆえに運動量が少なく、筋肉が発達していないからです。

 

あなたが牛タンの美味しさをとことん堪能したいなら、やわらかジューシーのタン元をチョイスすれば間違いないでしょう。

 

タン元の他の名前
  • 特上タン
  • 芯たん
  • とろ牛タン

 

美味しい食べ方:牛タン焼き

美味しい食べ方:牛タン焼き

 

タン元の美味しい食べ方は、間違いなく「牛タン焼き」です!

 

焼いた後もやわらかく、ジューシーな味わいを楽しめるからですね。

 

牛タンの焼き方については、別記事の「フライパンを使った牛タンの美味しい焼き方」で解説しているので、こちらを参考にしてください。

フライパンで専門店の味!牛タンの美味しい焼き方を薄切り・厚切り別に解説
フライパンで専門店の味!牛タンの美味しい焼き方を薄切り・厚切り別に解説フライパンで牛タンを焼くコツが知りたいアナタへ。当記事では、フライパンを使った牛タンの美味しい焼き方を解説します。これを見れば、薄切りや厚切りに合った牛タンの美味しい焼き方がわかり、おうちでお店レベルの食事を楽しめますよ。...

(2) タン中:中心

(2) タン中:中心

「タン中」は牛タンの中心部にあたる部位です。スーパーや焼肉店で見かける牛タンは、大体こちらになります。

 

ニクコム
ニクコム
多くの人にとって、タン中=慣れ親しんだ牛タンの味というわけですね!

 

タン中はガツンとした旨みが強く、適度に歯ごたえを残しつつも柔らかいです。

 

また、牛一頭から取れる量が多く、お買い求めしやすい価格で販売されているのも特徴になります。

 

味・食感・価格のバランスが取れたタン中は、コスパに優れており、安心して購入できる部位といえるでしょう。

 

タン中の他の名前
  • クラウンカット

 

美味しい食べ方:牛タン焼き

美味しい食べ方:牛タン焼き

 

タン中は煮込み料理にも使えますが、美味しく食べるなら「牛タン焼き」がおすすめです!

 

程よく脂が乗っており、焼いてもやわらかくて食べやすいですよ。

 

なお、牛タンの焼き方については、別記事の「フライパンを使った牛タンの美味しい焼き方」をご覧ください。

フライパンで専門店の味!牛タンの美味しい焼き方を薄切り・厚切り別に解説
フライパンで専門店の味!牛タンの美味しい焼き方を薄切り・厚切り別に解説フライパンで牛タンを焼くコツが知りたいアナタへ。当記事では、フライパンを使った牛タンの美味しい焼き方を解説します。これを見れば、薄切りや厚切りに合った牛タンの美味しい焼き方がわかり、おうちでお店レベルの食事を楽しめますよ。...

(3) タン先:先端

(3) タン先:先端

「タン先」は牛タンの先っぽにあたる部位です。

 

タン先はタン元・タン中に比べて脂がほとんど乗っておらず、肉質は固め。また、お肉の臭みもややキツイです…。

 

固い理由は舌先ゆえに動かすことが多く、筋肉が発達しているからですね。

 

とはいえ、牛タン本来の味はしっかりしており、噛むほどに凝縮した旨みが広がって美味しいです。

 

したがってタン先は食べ方を知っていれば、美味しくいただける部位といえます。

 

美味しい食べ方:タンシチュー・牛タンカレー

美味しい食べ方:タンシチュー・牛タンカレー

 

タン先の美味しい食べ方は、タンシチュー牛タンカレーなどの煮込み料理です!

 

タン先を煮込むメリットは3つあります↓

 

  • 筋繊維がほどけて柔らかくなる
  • 旨みが出て味わい深くなる
  • 匂いを抑えられる

 

固くて食べにくいタン先ですが、煮込むと極上の部位に一変するので、ぜひタンシチューなどに使ってみてください。

(4) タン下:裏側

(4) タン下:裏側

「タン下」は牛タンの裏側にあたる部位です。スーパーや焼肉店ではほとんど見かけず、基本的にお店のまかないとして消費されます。

 

タン下は筋がよく通っており、肉質が固いです。また、お肉の臭みも少々あります。

 

クセがあって食べにくい部位ですが、じっくり煮込むとトロトロにやわらかくなり、旨みが深まって美味しいです。

 

なのでタン下はタン先と同様に、食べ方次第で極上の一品になりうる部位といえますね。

 

タン下の他の名前
  • タンサガリ
  • タンルート

 

美味しい食べ方:ハンバーグ

美味しい食べ方:ハンバーグ

 

タン下の美味しい食べ方は「ハンバーグ」です!

 

ミンチに使うと、ハンバーグに牛タンの旨みとシコシコッとした食感が加わり、より美味しくなります。

 

また、タン下は煮込みにも適しており、タンシチュー牛タンカレーに使うのもアリ!

 

牛タン焼きでは固くて食べられませんが、ハンバーグにするとタン先のポテンシャルが存分に発揮されるので、ぜひ試してみてください。

牛タンの部位まとめ

今回は牛タンの部位ごとの特徴をまとめました。最後にもう一度、4種類の部位の特徴をおさらいしましょう。

 

牛タンの部位
  • タン元 (根元の部位):
    脂の乗りがよくてプリッとジューシー。美味しい食べ方は牛タン焼き
  • タン中 (中心の部位):
    味・食感・価格のバランス◎。美味しい食べ方は牛タン焼き
  • タン先 (先端の部位):
    固いけど旨みが深い。美味しい食べ方はタンシチューなど煮込み料理
  • タン下 (裏側の部位):
    固いけど旨みが深い。美味しい食べ方はハンバーグ

 

あなたが通販の牛タンをお取り寄せする際は、食べる料理に合った部位をチョイスしてみてください。(通販のおすすめ牛タンは下記の記事にまとめてあります↓)

 

以上、『意外と知らない牛タンの部位!4種それぞれの美味しい食べ方を紹介』でした!

この記事のURLをコピーする